Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

練馬区久保田産婦人科病院で無痛分娩出産した体験談





無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:久保田産婦人科病院
住所:東京都練馬区東大泉3丁目29番10号   
電話番号:03-3922-0262
サイト:http://www.kubota-hosp.jp/

久保田産婦人科病院での無痛分娩出産の費用を教えてください。

分娩費用62万円+無痛分娩費用5万円 計67万円

久保田産婦人科病院無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

私が無痛分娩を選択したのは、妊娠が分かってすぐの事でした。
選択した理由は、痛みに弱いことと里帰りをせずに子育てをする為産後の体力を温存しておきたかったからです。

久保田産婦人科病院では、無痛分娩を希望すると一人の先生が検診~出産まで担当していただけます。
希望者が多数いるようで、先生のカレンダーは妊婦さんの名前で一杯になっていました。
子宮口が開いてくると「〇日に産みましょう。この日に入院してもらいます」と出産日時が決定します。

前日1日入院→翌日出産→4日程入院→退院といった流れになります。

前日に入院すると、まず部屋に通され荷物の整理をしました。
しばらくすると看護師さんから呼び出しがあり、内診、ラミナリア(子宮口を広げる海綿棒)を10本入れてもらい部屋へ返されます。
この日はこれで終了です。

翌日(出産日)朝7時に前日入れたラミナリアの様子を確認してもらいます。
異常がなければ朝9時より分娩室へ入ります。

ラミナリアを全て抜き、陣痛促進剤を腕から点滴し、背中から麻酔の注射をいれてもらいます。少しひやっとして足の感覚がなくなります。
おなかにモニターがついているので、陣痛の波が来ているのはわかるのですが痛くはありません。

1時間半くらいすると麻酔が切れてくるのか、腰にとてつもない痛みがやってきました。
看護師さんは「どうしても我慢できなかったら麻酔追加するからね」と言ってくれました。
私は少しの痛みでも我慢できなかったので「もう無理です無理です・・・」とMAXで痛くなる前に麻酔を追加してもらっていました。

分娩室に入って11時間経ったころ、赤ちゃんの心拍も少し下がってきてしまったので助産師さんが「もう産みましょう」と言いました。
途端に気分が悪くなってしまい戻してしまいました。(なぜ戻したのか原因は不明です)
気を取り直してモニターの山に合わせていきむこと数十回、可愛い息子に会うことができました。

分娩中は話すことも、ご飯を食べることもできました。苦しいことは寝返りがうてなかったこと位です。
しかし、出産後足が変色しひどく浮腫んでしまったり、謎の湿疹が出たり、産褥熱で動けなくなったりと大変でした。
結局実家への里帰りを余儀なくされてしまいましたが、あの数秒の痛みに耐える自信は無いので無痛分娩を選択して良かったなと思っています。





このページの先頭へ