無痛分娩の体験談

横浜市鶴見区前原ウィメンズクリニックで無痛分娩出産した体験談

更新日:

無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:前原ウィメンズクリニック
住所:横浜市鶴見区馬場7-16-14
電話番号:045-573-3111
サイト:http://www.maehara-wc.jp/

前原ウィメンズクリニックの無痛分娩出産の費用を教えてください。

約78万円

前原ウィメンズクリニックの無痛分娩の体験談をお聞かせ下さい。

30代後半での初産で、もともと痛みに強くなかったのもあり、いろいろ調べて無痛分娩で出産することに決めました。無痛分娩ができ、遠方にいる両親が来られるようにと駅近のクリニックを探しましたが、あまり数は多くなく、駅の近くではなかったのですが前原ウィメンズクリニックさんにお世話になることにしました。

自分でも本やネットで、無痛分娩についてある程度は調べていましたが、母親教室で先生自らが無痛分娩の方法やメリット、デメリットについて説明してくれたので、安心して出産に臨むことができました。

出産予定日3日後におしるしがあり、少しずつ陣痛がきました。量は多くありませんでしたが、破水もしていたようでした。午後3時過ぎに病院について、診察の結果そのまま入院となりました。

夜になってだいぶ痛みが強くなってきて、麻酔をお願いしました。まず横になって背中を出し、背中を消毒し、局所麻酔をします。ちょっとだけチクッとしました。そのあと、硬膜外腔に針を入れて細いカテーテルを通すのですが、押される感じはありますが、痛くはありませんでした。

そして管が背中にテープで固定されました。そのあとはほとんど陣痛は感じませんでした。痛くなってきたら自分で麻酔を入れるスイッチを押すのですが、1回押した後、もう1回押せるようになるのには時間がたたないとダメで、連打できないようになっていました。薬がなくなると押しても効果がないので、助産師さんが先生を呼んで、薬を追加してもらいました。

明け方になり、赤ちゃんも降りてきているし、子宮口も開いているので、分娩台に上がってみましょうと言われました。すると赤ちゃんの頭で押される感覚がだんだん強くなってきました。麻酔の追加をお願いしたのですが、「今麻酔を入れたら、いきめなくなるから」と言われて、追加しませんでした。

それから2時間ほどで産まれたのですが、産まれるころには麻酔が完全に切れてしまい、そのあと会陰や膣壁を縫う時も痛くて絶叫してしまいました・・先生は局所麻酔をしてくれましたが、麻酔を追加していれば痛みがなく産後の処置ができたようなので、追加しなかったことを後悔しています。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.