無痛分娩の体験談

東京衛生病院で無痛分娩した体験談

更新日:

無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:東京衛生病院
住所:東京都杉並区天沼3-17-3  
電話番号:03-3392-6151
サイト:http://www.tokyoeisei.com/

東京衛生病院での無痛分娩の費用を教えてください。

70万

東京衛生病院での無痛分娩の体験談をお聞かせ下さい。

2人目を無痛分娩で出産しました。
24時間365日対応している病院ではありましたが、自己都合で計画分娩の予定にしていました。

経産婦なこともあり、38週に分娩予定と決まりました。硬膜外麻酔を入れるためのチューブを通すのに、体重が増えすぎると負担になるとのことで、体重の管理は厳しく言われて来ました。実際には分娩時10Kg増でした。

初産だと子宮口を拡げる処置が必要なため、前日入院ですが、私は経産婦でしたので、当日の朝入院との指示がありました。

計画分娩日の2日前にお産の兆候があり、その日健診日でもあったので朝受診すると、そのまま入院となり無痛分娩が始まりました。
前日夜から食事は抜くように言われていました。

背中にチューブを入れる処置が少しだけ痛かったです。これが済めばあとは麻酔を使うので痛みは感じないとのこと。
徐々に麻酔の量を調整していき、下肢の感覚がなくなりました。
30分おきに身体の向きを変えるよう言われたのですが、下肢が動かない上、モニターや点滴の管もあるのでなかなか大変でした。

陣痛促進剤と麻酔を使って微妙にバランスをとりながら進めていくのですが、促進剤をいれると赤ちゃんの動きが弱くなってしまうようで、その度深呼吸して下さいと促されました。陣痛の痛みがないので赤ちゃんの動きも感じにくかったです。
その状態が3回ほどあり、医師から言われたのは、「促進剤を使わずに赤ちゃんが自然に出てくるのを待ちます。」とのこと。

そこからはただひたすらその時を待つため、眠っていました。陣痛の痛みは全く感じないので、長い昼寝になりました。
一番よく寝た日だったと思います。
経産婦なら6時間ほどで出産される方がほとんどと言われていましたが、すでに10時間は経っていました。

朝8時に病院へ来て始まり、そろそろ日付けも変わりそうという時に、赤ちゃんが出る合図を示してくれました。

分娩室へ行ってからはあれよあれよと3回いきんで安産で生まれました。
会陰切開もしましたが、全く痛みも感じずです。
お産そのものはすごく楽で、産んですぐの赤ちゃんの処置をみていました。

13時間かかりましたが、自然に出てくるのを待ち、いきむ感じや出てくるののもわかりました。陣痛の痛みだけとってのいいとこ取りでした。

その後の麻酔が切れてくる時は頭痛がひどかったです。そのまま眠ることが出来たので休めましたが、頭痛と吐き気は辛かったです。

出産が真夜中だったので、そのまま眠って朝には頭痛や吐き気も治まり朝食をいただきました。

産後の回復も早く、無痛分娩で出産して本当に満足しています。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.