無痛分娩の体験談

アメリカカルフォルニアで無痛分娩出産をした体験談

更新日:

無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:Dignity Health Mercy General Hospital
住所:4001 J St, Sacramento, CA 95819 usa   
電話番号:+1 916-453-4545
サイト:https://www.dignityhealth.org/sacramento/hospitals/mercy-general-hospital

アメリカDignity Health Mercy General Hospitalの無痛分娩の費用を教えてください。

無痛分娩 400万円

アメリカDignity Health Mercy General Hospitalの無痛分娩出産の体験談をお聞かせ下さい。

アメリカでは主流の無痛分娩を行いました。
はじめは普通分娩をするつもりでしたが、出産後1日で退院しないといけないので、体力面を考えての選択です。

もともと腰が悪かったのですが、陣痛がひどくなるにつれて、体験したことのない痛さに見舞われました。
いろいろなところで言われている、骨盤が広がるという感覚がとてもよくわかりました。

無痛分娩にするための麻酔をするタイミングは自分で選ぶことができます。
私は、陣痛が1分間隔くらいになったときだったと思います。

麻酔の針は腰の少し上くらいから刺します。
針を入れている間、陣痛の痛みをこらえながら動かないようにするのは大変でした。
先生が、体重から計算した量の麻酔を注入してくださりました。

直後、痛みは薄れたのですがまだ感覚がありました。
それを伝えると、私は麻酔が効きにくいようだとのことで、完全に感覚がなくなるまで注入しました。

しばらくすると、脚が冷たくなってきました。実際に冷たくなったのではなくて、感覚的なものです。
ちょうど、足がしびれたときに感覚がないのと同じです。

自分では動かせないものの、定期的に動かさないといけないと言われ、
主人に手伝ってもらいながら向きを変えたりしていました。

感覚がないものの、破水してからは陣痛のたびに身体が震えだすので、いきみ時がわかりました。
痛さがないので、力いっぱいいきめたと思います。

よく、麻酔をするといきむ力が弱くなると心配されている方がいらっしゃいますが、
私の場合、もしかしたら弱くなっていたのかもしれないけれど、
わが子を押し出すには十分な力はありました。

無事出産が終わってから、1時間ほどで脚の感覚が戻ってきました。
それまでは、周りの看護婦さんや助産師さんが赤ちゃんの測定をしたりしているので、ベットにいました。
感覚が戻ってからも、変な感覚や痛みなどもなかったです。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.