無痛分娩の体験談

千船病院(大阪市西淀川区)で無痛分娩した体験談

更新日:

無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:千船病院
住所:大阪府大阪市西淀川区佃2丁目2番45号   
電話番号:06-6471-9541
サイト:http://www.chibune.aijinkai.or.jp/

千船病院の無痛分娩またはソフロロジー出産の費用を教えてください。

60万円(内、出産一時金が42万円)

千船病院の無痛分娩またはソフロロジー出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠したのは嬉しかったのですが、出産の痛みが怖くて日々怖さにおびえていました。
そんな中、ネットで無痛分娩というものがあると知り、調べていくうちに私にはメリットの方が多いと感じて無痛分娩を選択しました。
無痛分娩といっても和痛分娩の部類になり、完全に痛みがなくなるわけではなく陣痛は痛いと予め説明がありました。

無痛分娩だと帝王切開のリスクが上がると言われていますが、わざわざ医師が言わないだけで、帝王切開になる確率は普通分娩とそこまでかわらないと医師から言われたのも選択する決め手の一つでした。
また、病院では約50%の人が無痛分娩を選択しているという事で、安心して出産できました。

私が出産した時は、千船病院に前日に入院して、背中に麻酔を入れる為のカテーテルを挿入しました。今まで大きい病気をしたことがなかったので、この行為がすごく怖かったのを覚えています。(背中なので見えないので余計にだと思います)

次の日になり、朝から促進剤を点滴で入れました。すぐに陣痛が始まり、あっという間に耐えられない程の痛みになりました。
耐えられないくらいの痛みまでは我慢するように言われたので、子宮口が5・6cmくらい開いた時まで我慢しました。
耐えられなくなったので麻酔をお願いしたのですが・・・中々麻酔が来ない。30分待っても来ない。
そうこうしているうちに子宮口が7・8cmまで開いた時にようやく助産師さんが麻酔を持ってきてくれました。

麻酔を注入してからは、さっきまでの痛みが嘘のように消えていきました。
ただ、出そうな感じはずっとあり、苦しいのは苦しかったです。
分娩台に上がってからは、陣痛の波がおさまった時は寝てしまうくらい痛みはありませんでした。
ただ、いよいよ赤ちゃんの頭が出てくる時は裂けてしまったらしく、痛かったです。(会陰切開はありませんでした)
そして赤ちゃんが生まれ、感動に浸っていたのですが、脱力感からか後処置は痛かったです。

出産前に坐骨神経痛になってしまっていたので、無痛分娩にしておいてよかったです。
普通分娩であれば、恐らく出産の痛みと坐骨神経の痛みでもっと時間と体力を使っていたと思います。
無痛分娩、オススメです。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩の体験談
-, , , ,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.