Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

エルカミノホスピタル(アメリカCA)で無痛分娩出産した体験談





無痛分娩またはソフロロジー出産をした病院を教えてください。

病院名:エルカミノホスピタル
住所: 2500 Grant Road, Mountain View, CA 94040  
電話番号:650-940-7000
サイト:https://www.elcaminohospital.org/

アメリカでの無痛分娩出産の費用を教えてください。

無痛分娩 3万円くらい

アメリカの無痛分娩の体験談をお聞かせ下さい。

主人の仕事の関係でアメリカはカリフォルニアのエルカミノホスピタルで出産しました。

一人目はニューヨークで出産しましたが、その際は、アメリカは無痛分娩が主流でしたが、「日本では皆痛みに耐えて産んでいる!!痛みなくして我が子は可愛がれない!!」とよくわからない自論を展開し、最後の最後まで自然分娩にこだわりました。〔結局、お産が進まず帝王切開手前まで行き、無痛分娩になりましたが(笑)〕

しかし、アメリカは出産後、2泊で退院。助産師さんの訪問などもなく、ポイッと自宅に帰されます。もう痛いし、体力ないし大変でした。

なので、今回ははじめから無痛分娩に決めていました。

出産当日、友人宅で少しお腹が痛くなり、夕方夕食を作っていると、陣痛がはじまりました。夜9時に病院到着。すぐに「エピ【硬膜外麻酔】をうつ?」と聞かれましたが、脊髄に打つこと自体に痛みがあるのを知っていたので、もう少し陣痛が痛くなったら打ってもらおうとしばらく待機しました。【陣痛の痛みがきた瞬間に打ってもらえば、脊髄に打つ痛みなど陣痛が痛すぎてわからないので】

しばらくして、「早く打たないと麻酔科医帰っちゃうよー。」と言われたので、打つことにしました。背中を海老のように丸めて、脊髄に打ちます。少し鈍い痛みがありますが、陣痛に比べたら屁でもありません(笑)

わたしは、麻酔が効きやすいのか30秒ほどで足が少し痺れてきたのちに、下半身の感覚がなくなり、陣痛の痛みは全くなくなります。
全く痛みはなくなり、快適ですが尿意なども麻痺するため、導尿は必須となります。

赤ちゃんが下に降りてくるまで、私と主人は部屋を暗くされて、爆睡しました(笑)2時間くらいしてから、看護婦さんに起こされ子宮口の開き具合を確認されました。
「全開になったわ。ではいきみの練習をしましょう!」とと言われ、最終の出産ポジションにされました。

痛みはありませんが、不思議と背中付近にプレッシャーと言うか、下に赤ちゃんが降りてくる感覚は残っているのです。

陣痛が起こっているかのグラフ【お腹に陣痛がきてるかの機械と赤ちゃんの心拍を測る機械は常に設置されています】に合わせて2度いきむとなんと産道の出口付近から「ホギャ」と声が!!立ち会っていた主人も看護婦さんも私も、やばっー!!出ちゃう出ちゃう。。。まだ、この時点では先生来てません!!

慌ててドクターコールを鳴らしまくる看護婦さん、出始めている赤ちゃんの頭を無理に押さえていました。待つこと数分。。。

悠長に先生が到着。一度いきむと次女が無事にこの世に誕生してきてくれました。

その後。リカバリールームで2時間ほど休んだのちに病室で2泊して、またポイッと退院させられました(笑)

無痛分娩後は、体力の回復も早く育児も問題なくこなせました。もし、次があるとしたら、また無痛分娩を希望したいと思っています。

痛みを感じずとも赤ちゃんはかわいいです。





このページの先頭へ