Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

妊娠超初期症状と初期症状の違いはいつから?初期の食べ物リスト





妊娠検査薬での判定以外に、妊娠初期症状から、妊娠に気づく場合があります。
この妊娠初期症状は、一体いつから起こるのでしょうか?

妊娠し、赤ちゃんの成長に伴って、ママの体にはいろいろな変化が起こります。
その変化を「妊娠超初期症状」や「初期症状」と呼んだりしますが、一体何が違うのでしょうか?
この2つの違いについて、詳しく見ていきましょう。
また、妊娠初期症状の特徴とチェックポイントもお伝えします。

妊娠初期って、いつから?

妊娠中は、3ヶ月を区切りに、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の3つの期間に分けられます。
いつから妊娠週数を数えるかというと、最後の生理開始日を「妊娠0週0日」としてカウントします。
そのうち、妊娠初期は、妊娠4〜15週で、妊娠2〜4ヶ月にあたる時期です。

    

妊娠超初期症状は、いつ起こるの?

妊娠週数は、最終月経の開始日を「妊娠0週0日」と考えます。
そして、妊娠超初期症状が出るのは、妊娠0週〜3週の時期にあたり、妊娠していても妊娠検査薬には反応が見られない期間です。

時期でいうと、妊娠3〜5週頃に現れるのが、妊娠初期症状です。
妊娠検査薬に反応が出るのは、生理予定日の1週間後が多く、およそ妊娠4週目なので、多くのママが妊娠に気づくタイミングでもあります。

妊娠2週目頃に精子と卵子が出会って受精し、3週目に入ると、子宮内膜に受精卵が根を下ろすことで、妊娠が成立。
この時の受精卵は、卵子の中にある栄養分で成長し、胎盤やへその緒、絨毛といった赤ちゃんとママを繋ぐ部分が作られ始めます。
そのため、妊娠超初期症状という「妊娠したかもしれない」と感じる身体的変化は、早くても妊娠3週目頃から出現します。

妊娠初期症状の示す時期とは?

妊娠初期は、妊娠4週から15週を指し、妊娠4週目頃から月経の遅れを感じ、5週目前後になると妊娠検査薬に反応が出ます。
お腹の赤ちゃんは、この頃から脳や心臓、手足などの器官が作られます。
そして、まだ完成していませんが、胎盤が機能し始めて、栄養分や酸素、老廃物などがママと赤ちゃんの間を行き来します。

妊娠初期症状は、妊娠超初期症状の後で、妊娠4週目以降、かつ産婦人科での妊娠確定以前に現れる妊娠のサインです。

妊娠初期症状の原因は?

妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌されます。
そのホルモンが原因で、赤ちゃんだけでなく、ママの体にも目まぐるしい変化が起こります。
しかし、妊娠初期症状の多くは、普段の月経前や月経中の状態とよく似ているので、いつから始まったかは気づきにくいです。

妊娠初期症状の特徴

代表的な妊娠初期症状の特徴をまとめました。

1)生理が遅れる
いつから生理が始まり、終わったのかというサイクルが周期的なら、生理予定日より2週間以上遅れている場合、妊娠している可能性があります。
ただし、少しのストレスでも生理が遅れたり、月経不順の人にとっては、いつから遅れているか分かりにくく、妊娠に気づく確率は低くなります。

2)着床時出血がある
受精卵が子宮内膜に着床する際、色の薄い出血が1〜2日続くことを「着床時出血」と呼びます。
統計的なデータによると、着床時出血は起こらない人の方が多いです。

3)おりものの増加
妊娠に伴って膣の分泌物が増え、妊娠していない時より、おりものが増加します。

4)トイレが近い
子宮が大きくなりはじめ、膀胱を圧迫することで、トイレが近くなるのです。

5)熱っぽさを感じる
プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えた影響によって、基礎体温の高温相が継続。
そのため、微熱や風邪のような症状を感じる場合があります。

6)乳房に変化がある
妊娠により、普段とは異なる胸の張りを感じたり、乳首が敏感になります。

7)倦怠感
妊娠すると、体のだるさや眠くて仕方がないなど、倦怠感が増幅。

8)腰痛
徐々に大きくなる子宮が周囲の臓器を圧迫し、腰に痛みを感じる人もいます。

9)つわりの開始
基本的に、つわりは妊娠5週目頃から始まりますが、いつからつわりが始まるか、そして、つわりの有無は人それぞれです。
それ故、妊娠5週未満でも、吐き気や胸やけを感じたり、食欲不振、匂いに敏感になるなど、つわりが始まるケースもあります。

妊娠初期のチェックポイント

1)いつもと様子が違うなと感じたら、すぐに病院へ

妊娠初期症状に見られる体の変化や、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、病院へ行きましょう。
その際、いつから生理が来ていないかなど、問診票に書くことが多いので、事前に調べておくと安心です。
妊娠は、医師の診察によって、赤ちゃんの入っている袋(胎嚢)が確認できないと、確定とは言えません。

特に妊娠初期は、つわりなどの体調の変化や早産&流産が起こりやすい時期です。
そのため、妊娠の早期発見が、ママと赤ちゃんを守ることに繋がります。

2)アルコールやタバコをやめる

アルコールとタバコは、いつからやめた方が良いかというと、妊娠が分かったらすぐです。
その理由として、アルコールの摂取により、流産や死産、先天的異常などのリスクが高まるからです。
アルコールを潔くやめる、もしくは、ノンアルコール飲料に切り替えましょう。

タバコも同様に赤ちゃんへ悪影響を及ぼし、早産や流産、低出生体重児、常位胎盤早期剥離を起こす危険性があります。
ママがタバコをやめるのはもちろんのこと、周りの人が吸っている場合は、副流煙も有害物質を含むため、その場から離れたり、家族なら禁煙をお願いしましょう。

妊娠超初期症状と初期症状の違い

結論から申し上げると、妊娠超初期症状と初期症状の大きな違いは無く、いつ起こるかによって、呼び名が変わります。
その具体的な症状は、以下の通りです。

1)少量の出血がある

この出血は「着床出血」とも言われ、受精卵が子宮内膜に着床する際、血管が傷ついて出血します。
出血とはいえ、おりものにわずかな血が混ざったくらいの量で、痛みもありません。

時期で言うと、妊娠超初期症状に当たります。
着床出血は、約30%の確率で起こり、皆に起こるわけではありません。

2)眠気を感じる

妊娠中は、プロゲステロンというホルモンによって、妊娠を継続するために、身体を休ませようという環境が作られます。
そのため、時間を問わず、眠くて仕方がないという妊婦さんが多いのです。

3)おりものの状態が変わる

妊娠していない時は、透明〜白色で、やや粘り気のあったおりものが、妊娠すると、透明でさらっとした状態に変わります。
妊娠によって、臭いも強くなり、酸っぱい臭いがします。

4)腰痛

妊娠の始まり頃から、リラキシンというホルモンが分泌される影響で、骨盤や関節がゆるみやすくなります。
そのゆるみを筋肉で支えた結果、筋肉の緊張状態が続き、腰痛を引き起こすのです。

5)風邪のような症状

発熱や頭痛、だるさといった、風邪に似た症状が出る人もいます。

6)胸が張る

ホルモンバランスや体内水分量の変化によって、子宮だけでなく、胸にも血液と水分が集まりやすくなります。
そのため、胸が張ったり、乳首に痛みを感じやすいのです。

7)つわりに似た症状

通常、妊娠5週目位に始まるつわりですが、妊娠超初期症状や初期症状として、吐き気や嘔吐、食欲不振などが起きるケースもあります。
その他にも、食べ物の好みが変化したり、においに敏感になる人もおり、症状自体はつわりと変わりません。

8)肌トラブルの増加

妊娠によるホルモンバランスの急激な変化で、ニキビや吹き出物が増えたり、普段使っているスキンケアや化粧品が合わないといった肌トラブルが起こります。

9)トイレが近い

妊娠すると、体内に蓄積する水分量が変わり、尿の量も増えるので、トイレが近くなります。
人によっては、下痢気味になる妊婦さんもいます。

まとめ

妊娠超初期症状や初期症状を通して、体が徐々に変わり、妊娠を実感するママも多いでしょう。
それと同時に、妊娠超初期症状や初期症状の出る時期は、流産や早産などが起こりやすいタイミングでもあります。

ママとお腹の赤ちゃんのためには、しっかり栄養を摂り、十分に休養することが大切です。
パートナーにも協力してもらい、体調の変化と上手に付き合っていきましょう。

次に、妊娠初期にとるべき食べ物リストをご紹介します。

子宮内で育つ赤ちゃんの成長は、ママの口にする食べ物が頼りです。
妊娠初期によく食べるべき食べ物の効果や役割を紹介しながら、具体的な食品名も挙げました。
日々の献立作りの参考になれば幸いです。

栄養素別に見る、妊娠初期に摂るべき食べ物リスト

1)葉酸

ビタミンB群の一種である葉酸は、赤ちゃんの脳や神経の発達に欠かせない栄養素です。
そして、貧血予防や食欲増加、疲労回復にも効果があるため、妊娠初期から積極的に摂りましょう。
葉酸を多く含む食べ物は、レバー、ほうれん草、アスパラガス、納豆です。

2)鉄分

妊娠すると、血液の量が増えるため、妊娠初期からたくさんの鉄分が要ります。
貧血を防いだり、赤ちゃんの骨や歯を強くする役割があり、妊娠初期における1日の推奨摂取量は、約20mgです。
鉄分の多い食べ物として、納豆、レバー、ほうれん草、小松菜、しじみ、ひじきが挙げられます。

3)ビタミンC

ビタミンCは、鉄分の吸収を高め、血管や皮膚、骨を作っているコラーゲンの働きも促進します。
キウイやグレープフルーツ、オレンジ、柿、ブロッコリー、ピーマンなどの食べ物に豊富に含まれます。

ビタミンCは体内に保存しておくことができず、熱や水にも弱いので、継続して摂取しましょう。
そのまま食べるのが効果的ですが、調理する際は、「短い時間で茹でる&炒める」、「煮汁も一緒に食べる」のがポイントです。

4)ビタミンB12

細胞が急ピッチで成長を遂げる妊娠初期には、その発達を助けるビタミンB12が大切です。
ビタミンB12は、葉酸が新しく細胞を作る際にもサポートします。
牛肉、レバー、鱒、牛乳、乳製品などの食べ物に、たくさん含まれています。

5)食物繊維

妊娠初期は、ホルモンの働きによって、腸の動きが鈍くなり、便秘になりがちです。
便秘解消には、十分な水分補給と適度な運動、食物繊維を摂ることがカギとなります。
食物繊維が豊富に含まれるバナナやドライイチジク、ゴボウ、ライ麦パン、リンゴ、おからといった食べ物が、便秘解消&予防におすすめです。

6)カルシウム

日本人に不足しがちなカルシウムは、赤ちゃんの丈夫な歯や骨の形成に欠かせません。
カルシウムが多く含まれる食べ物は、牛乳やチーズなどの乳製品、小魚、ひじき、切り干し大根があります。
妊娠初期は、1日あたり600mgのカルシウム摂取を目安にしてください。

妊娠初期の献立の考え方

献立を決める時は、「主食・主菜・副菜・あと1品」をベースに考えましょう。

まず主食は、お米や麺類、パンなどに代表され、体のエネルギー源や体温保持に大切なものです。
主菜は、お肉や魚介類、卵、大豆製品を中心としたおかずで、タンパク質や脂質を補います。
それにより、筋肉や血液が作られ、妊娠初期の赤ちゃんの成長には欠かせません。

続いて、副菜は、野菜やキノコ類、海藻類がメインとなり、ビタミンやミネラル、食物繊維が摂れます。
最後に、味噌汁やスープなどの汁物、果物といった食べ物によって、栄養バランスの足りない部分をカバーするよう心掛けてください。





このページの先頭へ