Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

阿倍野区の西川医院で無痛分娩した口コミ体験談





無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:西川医院
住所:大阪市阿倍野区天王寺町北2-16-10
電話番号:(06)6714-5218
サイト:http://www.nlc1.net/

2. 無痛分娩出産の費用を教えてください。

8万円

3. 無痛分娩の体験談をお聞かせ下さい。

私は妊娠時から出産に対して恐怖心を持っていました。お産はとても痛いとよく聞いていましたし、出産時のことを想像するだけで怖くて、ポンと出てきてくれたらいいのに思っていました。だから、無痛分娩ができる医院を迷わず選びました。

ただ、まだ無痛分娩で出産することを受け入れがたい日本では、周りからの反応もあまりよくありませんでした。また、私自身も本当に無痛でいいのだろうか?出産の痛みを経験しなくて産んだって実感できるのだろうか?こどもに影響はないだろうか?など不安要素もありました。

しかし、私が選んだ病院ではしっかり無痛分娩の説明をしていただき、また、分娩途中で、無痛に切り替えることもできるということを知りました。
私は、頑張れるところまで頑張ってみて、もしそれでも痛みに耐えられなければ無痛にしてもらおうと思いました。
いざ、陣痛が始まり、病院に駆け込んだのは、夜の12時頃でした。痛みは思った以上に強く、しかし、子宮口はまだ数センチしかひらいておらず、看護婦さんからはまだまだだねーと言われ、とても耐えられる状況ではありませんでした。思わず、無痛にしてください!と言っていました。

無痛にするためには背中から注射を打つのですが、その痛みは陣痛の方が増していたので、あまり痛いとは感じませんでした。 
それから数分ほどで、あの激痛がすうっとひいていき、下半身の感覚がなくなり、痛みも全く感じなくなりました。あんなに痛がっていたのが嘘みたいでした。

それからは、陣痛がくる度にお尻あたりが何となくキューとなる感覚はあるものの、痛みに関しては何も感じませんでした。その代わりに、真夜中ということもあり眠気が襲い、寝てしまいました。明け方、助産師さんからお産が始まるので、いきんでくださいと言われ、モニターで陣痛がきている時を教えてもらいながら、いきみました。なかなか出てきてくれませんでしたが、助産師さんがずっと出口をマッサージをして柔らかくし、出てきやすいようにしてくれていました。こういうことをしてもらえたのも私自身が痛みもなく、とてもリラックスして産むことができたからだと思います。
お産中、助産師さんとの会話も楽しむことができ、今でも鮮明に記憶に残っています。

きっと無痛を使わずに産んでいたら、こんなにも会話に楽しむこともできず、傷口もひどいことになっていたのではないかと思います。
出産後は、お産の疲れも痛さもなく、すぐに歩き回れるほど元気で、赤ちゃんのお世話を楽しむことができました。
私は、本当に無痛で産んで良かったと思いました。





このページの先頭へ