Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

無痛分娩の歴史とは?





images-8

欧米に比べて日本では、出産に関して新しい方法が受け入れられないと
言われているようです。

無痛分娩は、欧米では一般的な出産方法なのに、
日本では行っている医療機関も少なく、歴史も浅いです。

無痛分娩が日本で一般的に普及しないのには、
どのような理由があるのでしょうか。

無痛分娩の歴史

1853年に、英国のヴィクトリア女王が麻酔を使った出産をしたことで
英国では無痛分娩が広まったという歴史があります。

それからヨーロッパからアメリカへと無痛分娩が広まり、
アメリカでは1940年の頃には、硬膜外麻酔による無痛分娩が
始まったということですから、日本との歴史の違いは明らかです。

無痛分娩の歴史が長ければ、経験する人も多くなります。
安全な出産であることが証明される機会が多くなるのですから、
さらに普及していくことになったわけです。

歴史だけではない日本と欧米諸国との違い

無痛分娩がもっとも普及しているのがフランスです。

日本とフランスでは、医療現場の大きな違いがあることから、
単なる出産方法に対する考え方の違いではないことがわかります。

もちろん、「お産は痛みを乗り越えてこそ」というような
日本古来の出産に対する考え方や歴史的な背景も理由ですが、
何よりも麻酔科医の数が圧倒的に違うようなのです。

フランスと日本では、人口あたりの麻酔科医の数が
約2.5倍もの差があるのです。
24時間体制で無痛分娩を行うための環境が大きく違うのですね。

無痛分娩の歴史が長い欧米諸国の考え方は、
日本ではまだ受け入れられない方も多いようです。

これからは、もっと出産に対する考え方が
変化してくれることを望む女性も多いのではないでしょうか。





このページの先頭へ