無痛分娩とは

無痛分娩の歴史とは?

更新日:

images-8

欧米に比べて日本では、出産に関して新しい方法が受け入れられないと
言われているようです。

無痛分娩は、欧米では一般的な出産方法なのに、
日本では行っている医療機関も少なく、歴史も浅いです。

無痛分娩が日本で一般的に普及しないのには、
どのような理由があるのでしょうか。

無痛分娩の歴史

1853年に、英国のヴィクトリア女王が麻酔を使った出産をしたことで
英国では無痛分娩が広まったという歴史があります。

それからヨーロッパからアメリカへと無痛分娩が広まり、
アメリカでは1940年の頃には、硬膜外麻酔による無痛分娩が
始まったということですから、日本との歴史の違いは明らかです。

無痛分娩の歴史が長ければ、経験する人も多くなります。
安全な出産であることが証明される機会が多くなるのですから、
さらに普及していくことになったわけです。

歴史だけではない日本と欧米諸国との違い

無痛分娩がもっとも普及しているのがフランスです。

日本とフランスでは、医療現場の大きな違いがあることから、
単なる出産方法に対する考え方の違いではないことがわかります。

もちろん、「お産は痛みを乗り越えてこそ」というような
日本古来の出産に対する考え方や歴史的な背景も理由ですが、
何よりも麻酔科医の数が圧倒的に違うようなのです。

フランスと日本では、人口あたりの麻酔科医の数が
約2.5倍もの差があるのです。
24時間体制で無痛分娩を行うための環境が大きく違うのですね。

無痛分娩の歴史が長い欧米諸国の考え方は、
日本ではまだ受け入れられない方も多いようです。

これからは、もっと出産に対する考え方が
変化してくれることを望む女性も多いのではないでしょうか。

妊娠中の流産・障害リスクを下げるには?

流産・障害のリスクを下げるには、下記の栄養素が必須です。

1)葉酸

2分脊椎(奇形児)予防のため葉酸が必要です。

2)ビタミンE

ビタミンEはトコフェロールとよばれ、トコとは「妊娠、出産」を、フェロとは「力を与える」という意味です。

ビタミンEは習慣性流産、発達障害、妊娠中毒症の予防、性ホルモン正常化します。

これらの栄養素を食事で所要量摂取するのは難しいため、妊娠中の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 *ドラッグストアのサプリは、合成品、添加物が使用されており、効果が低いので注意して下さい。

ベルタ葉酸サプリ

鉄臭くなく、吸収率の高い酵母葉酸を使用し、リーズナブルな国産サプリです。

錠剤が小さいのでつわり時も飲みやすいのが特徴。

高品質でかつリーズナブルな葉酸サプリが欲しい方に口コミNo.1のサプリです。

-無痛分娩とは
-,

Copyright© 無痛分娩まるわかりブログ , 2020 All Rights Reserved.