Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

西川医院で無痛分娩した口コミ体験談





無痛分娩をした病院を教えてください。

病院名:西川医院
住所:大阪市阿倍野区天王寺北町2-16-10   
電話番号:06-6714-5218
サイト:http://www.nlc1.net/

西川医院の無痛分娩の費用を教えてください。

普通分娩費用+9万円

西川医院の無痛分娩の体験談をお聞かせ下さい。

まだ独身だった頃、雑誌の妊娠出産特集号で無痛分娩というものがあることを知りました。

もともと生理痛が酷く、二度ほど病院に担ぎ込まれたことがあり、文字通りのたうち回る激痛を経験していました。
生理痛でさえもあんなに痛かったのに、赤ちゃんを産むときの痛みとなると想像するだけでも恐ろしく、いつか出産するときは絶対に無痛分娩にしようと思っていました。

数年後、結婚して第一子を妊娠しすぐに近くで無痛分娩ができる病院を探しました。
幸い通える距離に無痛分娩を扱う病院があったのですが、偶然にも以前あの雑誌で紹介されていた病院でした。後から知ったのですが無痛分娩でとても有名な病院だったようです。

妊娠中に必ず無痛分娩の説明会に参加します。無痛分娩の仕組みやメリット・デメリットなどをきちんと知ってお産を迎えるためです。

私が出産したこちらの病院では計画出産ではなく、自然に陣痛が来るのを待ってから硬膜外麻酔をして無痛にするというもので、全国でも貴重な24時間365日無痛分娩対応。子宮口が5cmくらいになったところで麻酔開始とのことでした。

出産前夜、夫の帰りが遅かったので一人で夕食を取っていたところ、10~15分置きにお腹がキューっと張る感覚があり、前駆陣痛かなと思いながら念のため病院に電話してみると「入院準備をしてすぐに来てください」と言われ、タクシーで病院へ。

定期的にお腹が痛くなるものの、一人で荷物を持って歩いたり、タクシーの運転手さんと話ができるくらいの大したことのない痛みです。

21時半に病院へ到着し、内診するとすでに子宮口4cm。点滴が終わるまでは麻酔できないと言われ、点滴をしながら陣痛の間隔が2分間隔になってくるけれど、ピーク時に「あいたた…」となるくらいでまだまだ我慢できる程度の生理痛のような痛みでした。

0時頃硬膜外麻酔開始。私は注射が大の苦手ですが、腰に打つ麻酔注射は大丈夫でした。10分ほどで処置が終わり、痛みがスーッと消えていきました。
お腹の張り(=陣痛のピーク)は分かるけど、全然痛くない!すごい!と感動でした。

その後、人口破水させて強い陣痛が来るのを待ちます。
途中で少しだけ痛みが出てきたので、自分で麻酔の追加スイッチを押しました。麻酔追加は我慢せず早めにするのがおすすめです!
本当に痛くないので、付き添いの夫や母と談笑できました。

朝方にやっといい陣痛が来ていきみ始め、子宮口全開になったのですが、急に吐き気に襲われ嘔吐。これは麻酔のせいというよりは子宮の収縮で胃が刺激されるためでした。
5時頃分娩室へ移動しましたが、この時も笑顔で「産んでくるねー!」と言う私に母がとても驚いていたので、やはり普通分娩ではありえない余裕っぷりだったのでしょう。

麻酔のおかげで痛みはありませんが、お腹の張りは分かるし助産師さんがいきむタイミングを教えてくれるのでちゃんといきむことができます。
赤ちゃんの頭がなかなか出てこなくて苦労しましたが、会陰切開もして、分娩台に上がって1時間ほどで無事に誕生。
いきみ疲れてぐったりはしましたが、痛みがないので落ち着いて産めたし、初めての出産にワクワクしたり楽しむ余裕があったので本当に良かったです。

出産をしてみて、自分が昔経験してきた生理痛のほうがずっとずっと痛くて辛かったことに驚きました。
もちろん無痛分娩であっても出産というものが命がけであることには変わりありませんが、身体の負担はやはり段違いではないでしょうか。
もしまた出産をすることがあれば、絶対にまた無痛分娩にしたいと思います。





このページの先頭へ