Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

ゆうこりんがした和痛分娩って?費用相場は? 





ゆうこりんが体験した和痛分娩とはどのようなものなのでしょうか?
普通分娩とはどこが違うのか?
和痛分娩の費用相場はどのくらいなのでしょうか?
今回は、ゆうこりんが体験した和痛分娩についてまとめてみました。

ゆうこりんが体験した和痛分娩とは?

ゆうこりんが体験した和痛分娩とは、麻酔を使いお産の痛みを和らげながら分娩する事を言います。
麻酔方法は、いくつかあり、その中でもよく使用されるのが硬膜外麻酔です。
背骨の脊髄の近くからカテーテルという柔らかい管を入れて麻酔を注入する方法です。

完全に痛みがなくなるほどの麻酔薬を投与することはなく、出産間近の一番強い痛みを緩和する程度です。
だいたい、麻酔を投与して30分ほどで効果がでてくるようです。

麻酔の効果が出てくると、分娩終了までは、ごく少量の麻酔薬を継続的に投与し続け、痛みの強さを調整します。
局所麻酔なので、お母さんの意識もはっきりした状態で出産にのぞめるので、赤ちゃんの誕生もしっかり見ることができます。
ゆうこりんは、分娩室で、叫ぶような痛みを感じることのないまま出産できたようです。
また、いきみもきちんと感じることができるので、経膣分娩の時と同じように自分でいきんで出産します。

硬膜外麻酔以外には、静脈から点滴で麻酔を投与したり、陣痛の一番激しい痛みの時に筋肉注射をする方法もあります。
また麻酔ガスを吸引する方法もあるようです。

ゆうもりんも体験した和痛分娩にかかる費用はどのくらい?

普通分娩と比べて、麻酔や陣痛促進剤の使用などが考えられるため、その分の費用が上乗せされます。
上乗せされる金額は、病院の規模により大きく異なります。
入院する日数・お世話になる病院の規模(大学病院・個人病院)、妊婦さん自身の合併症のあるなし、麻酔を使うタイミング、薬の投与量や設備料により違ってくるようです。

だいたい、普通分娩の費用に2〜5万円の上乗せと言われていますが、病院によっては20万円を上乗せされる場合もあるようです。
事前に医療機関へ確認し、納得した状態で和痛分娩をするようにしましょう。

ゆうこりんが体験した和痛分娩のメリット・デメリット

ゆうこりんも体験した和痛分娩のメリットは、普通分娩よりも陣痛のピーク時の痛みが緩和される事です。
分娩時に、赤ちゃんへ酸素を安定して届けられるとも言われています。
また麻酔が産道にも効く為、産道の緊張が緩み子宮口が広がりやすくなるようです。
産後も疲労が少ない為、回復が早く赤ちゃんのお世話をスムーズに開始できます。

妊娠高血圧症候群や元々心臓に病気を抱えている場合。
また、精神的に不安定になっている場合は、和痛分娩を選んだ方がリラックスでき身体に過度の負担をかけなくて良いと言われています。
和痛分娩で使用される麻酔は、赤ちゃんへの影響も、ほどんどないと言われています。

ゆうこりんも体験した和痛分娩のデメリットは、麻酔の副作用です。
全ての人に起こるわけではありませんが、頭痛・吐き気・低血圧・かゆみ・発熱・何らかのアレルギー症状を訴える人もいます。
また、麻酔の効き具合により、うまくいきむことができず、分娩が長引く場合もあります。

この場合、赤ちゃんの安全を最優先に考える為、吸引分娩・鉗子分娩を行う事があります。
また出産直後に赤ちゃんの呼吸が一時的に弱くなることもあるようです。

どんなお産にもメリット・デメリットがあるように、ゆうこりんの体験した和痛分娩にも、このようなメリット・デメリットがあるようです。
まだまだ和痛分娩を取り扱っている医療機関は少ないようです。
また体質などにより和痛分娩ができない場合もあるようなので、自分自身、和痛分娩をする事ができるのか?
事前に医療機関へ相談する事をお勧めします。





このページの先頭へ