Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser/7/8/000418700d/www.mutubunben.com/wp/wp-includes/post-template.php on line 284

流産後に妊娠しやすくする食生活・栄養サプリ教えます!

流産するのは辛いけれど、流産後は妊娠しやすいから大丈夫という話を聞いたことがありますか?

実はこの話は本当で、実際に流産後に妊娠する確率が高くなります。
とはいえ、流産後に妊娠しやすいかどうかは「流産の種類」や「流産後の対策」によって異なります。

そこで、流産後に妊娠しやすくなるための3つのポイントをご紹介します。

流産の種類と確率

流産率は20代では10%ですが、30代半ばで20%、40代では40%に跳ね上がります。

流産の種類の中で最も多いのが妊娠初期の「稽留流産」です。妊娠の15%に起こるとされています。
この稽留流産は、胎児の染色体異常や細胞分裂の途中で成長が止まることが原因とされています。

決して、妊娠中にママが仕事で忙しかったり、無理をしたからではありませんので、自分を責めないようにしましょう。

稽留流産の場合の対処法

稽留流産と診断された場合、手術をして子宮内を掻爬する処置を行う場合と、そのまま自然にまかせて何もしない場合があります。

手術(子宮内容除去術)の場合は2万円〜10万円程度(保険適用)の費用が必要で、稽留流産後1週間以内に手術するかどうか医師が判断します。

手術自体は10分〜20分程度の簡単な手術で、局所または全身麻酔で行われます。

稽留流産後の手術後は、子宮内を掻爬しているので数カ月は空けることが望ましいとされています。

稽留流産後、自然にまかせてなにもしない場合

稽留流産では、その多くが腹痛と出血がありますが、出血により子宮内容物がそのまま流れた場合、医師が手術は不必要と判断して何もしない場合も多いです。

筆者は2回稽留流産しましたが、そのどちらも医師が判断して手術をしませんでした。

手術をしない場合、子宮内は綺麗になっていますので、妊娠しやすい状態になっています。
手術で掻爬する場合に比べて、傷がつく可能性もありませんので、生理が2回程度来れば妊娠に向けて子作りを開始してもOKといわれています。

流産しやすい生活習慣No1はカフェイン!

酒・たばこはもちろん悪い生活習慣です。
でもそれ以外で知ってはいるけれどつい摂取してしまいがちなカフェインも流産のリスクを上げる生活習慣です。

カフェインは流産や早産、低出生体重児の原因を引き起こします。
妊娠中はもちろんですが女性自体がカルシウム・鉄分を必要とします。

カフェインは体内のカルシウム・鉄分の量を排出する役割があります。
なので食生活に気を付けていてもカフェインを過剰に摂取し続けると必要な栄養素が不足してしまうんです。

妊娠中にカフェインを摂取する生活習慣が抜けないと赤ちゃんの成長が阻害されます。
そのため十分に赤ちゃんが育たず低出生体重児になってしまうこともあるんです。

カフェインを摂取する生活習慣って意外とやめられません。
わたしは朝コーヒーを3杯の飲む生活習慣がありました。

紅茶やお茶よりもコーヒーが好きで日中の水分補給もコーヒー。
食後もコーヒーを飲むと落ち着きます。

1日5〜8杯は飲んでいることになりますね。
妊活のときにカフェイン断ちをしましたがコーヒーがやめられませんでした。

不妊治療がなかなかうまくいかないときにやっとカフェイン断ちをしました。
でもコーヒーが飲みたくなるのでノンカフェインのタンポポコーヒーをガブガブ(笑)

タンポポコーヒーはノンカフェインだし、体に優しいので類似品とわかっていてもおいしかったです。
そのおかげかわかりませんが冷え性も緩和し、妊娠もしました。

タンポポコーヒーは妊娠中も飲めるので安心しました。
カフェインは流産しやすい体質にすると聞いていたので妊娠中かなり気を付けました。

日ごろからノンカフェインのほうじ茶とかを飲む生活習慣があればこれほどつらくなかったと思います。
酒やたばこと違って手軽に摂取できるし、すぐに悪影響に結びつかないので生活習慣になってしまうことも。

流産しやすい状態になってから後悔しても遅いですよ。

見えにくい流産しやすい原因は仕事のストレス!

妊娠中女性でも仕事をするのは珍しくない時代です。
仕事とは言ってもいろいろです。

大なり小なり仕事によるストレスというのはあります。
多少のストレスは生活の刺激になってプラスですが過度のストレスを抱え続けると流産しやすい体になります。

ストレスは体を委縮させ、血行を悪くします。
内臓機能は低下し、当然子宮の機能も低下します。

ストレスを受けることが生活習慣になってしまうと徐々に体が弱っていきます。
それが流産しやすい原因になってしまうんです。

なので妊娠中は仕事のストレスから解放されてゆったり過ごすことも大切です。
ついつい仕事の責任感から仕事を忘れられないこともわかります。

しかしストレスが胎児に与える打撃は意外と大きいものです。
ストレスを発散する方法をきちんと身につけておきましょう。

流産後に妊娠しやすくするポイント

流産後に妊娠しやすくするためには、3つのポイントがあります。

流産後に妊娠しやすくするポイントその1 焦らないこと

妊娠にはストレスが大敵です。流産のショックで大きなストレスがかかり、うつ状態になってしまうかたも少なくありません。

早く妊娠したくてすぐに妊活を始めたい方もおられるかもしれませんが、焦らず2回は生理を待って妊活をはじめましょう。

流産したと知ると、周りは「大丈夫よ」「すぐ妊娠するわ」と慰めてくれるかと思いますが、それでもその小さな一声が傷つく場合もあります。

私は流産を経験したことのない実母から、何度か傷つく言葉をいわれました。この際、気をつけたほうがいいのは、「悲しみを押し込めてはいけない」ということです。

泣きたいときは、思い切り泣いて、「悲しみの感情」を外に出してあげたほうがよいです。
我慢したまま、表面上は何もなかったように振舞っていると、いつか必ずその悲しみがまた外に出ようとしてきます。

我慢せず、泣きたいときな泣き、ゆったりとした気持ちでいるのが次の妊娠につなげるポイントです。

流産後に妊娠しやすくするポイントその2受精卵の質を高めて流産しにくくすること

せっかく妊娠したとしても、受精卵の質が悪いとまたすぐに流産(習慣流産)してしまいやすくなります。

栄養が足らず卵子・精子の質が悪いと受精卵の質も悪くなり、週間流産につながりやすくなります。

今まで、忙しい生活でお菓子を食べたり、ダイエットをしたりと食生活がかなり偏っていた方は気をつけたほうがよいです。

流産後に妊娠はするが、繰り返し流産してしまう方が一定数おられるのは、このためです。

私も独身時代、朝ごはんを抜いたり、ダイエットのためサラダだけとか、ご飯を食べずにお菓子を食べたりとか、若いときはかなり無茶な生活をしていました。流産を2回繰り返して、やっと自分がしてきた食生活の誤りに気がついたのです。

流産後に妊娠しやすくするポイントその3 子宮内膜の質を高めること

赤ちゃんが順調に育つためには、子宮内膜の質をたかめて成長しやすい環境にしてあげることが大切です。

そのためには、やはり母体の栄養状態が関係してきますので、食生活や生活習慣を見直す必要がでてきます。

特に、高齢出産になる方や働いている方は若い方より妊娠しにくくなるので、より良い子宮の環境づくりが必要となってきます。

流産後に妊娠しやすくする食生活とは?

若い時にダイエットをしていたり、共働きで毎日忙しくストレスがたまるような生活をしていると、必然的に妊娠しにくい体になります。

身も心も元気でいることが、一番妊娠しやすい体です。ですが、現代社会ではスマホやパソコンなどの電磁波もありますし、毎日長時間労働で忙しく、昔の人のようにゆったり生活することはできません。

だからせめて食生活でも整えたいですよね。流産後に妊娠しやすくする食生活とはなんでしょうか?

それはずばり、「まごはやさしい」です・

「まごはやさしい」って聞いたことがありますか?

ま⇒豆

ご→ごま

わ→わかめ

や→野菜

さ→さかな

し→しいたけ

い→いも

つまり、豆類・ごま・海藻・野菜・魚・キノコ類・イモ類をバランスよく摂取することです。
イメージとしては、昭和の日本人の和食献立ですね。

1汁三菜(味噌汁に主菜、副菜2つとご飯)をとる献立です。

実際に筆者は2回流産後、ボロボロだった体を立て直すために、半年間徹底した食生活の改善に取り組みました。

毎日1汁三菜を作り、チョコレートやスナック菓子、コーヒーなどのお菓子・嗜好品は一切やめて、なるべく添加物もとらない生活にしました。

これは共働きの仕事を続けながらでしたので、料理をするのが非常に大変でしたが、結果便秘や冷え性もよくなり、体が改善したのだと思います。流産して半年後、無事また妊娠することができました。

流産後に妊娠しやすくする栄養素とは?

以上、私の経験もふまえて食生活の改善について書きましたが、実際問題、毎日丁寧に健康的な食事を作るのはとても大変です。

そこで、1つだけでも妊娠しやすくする栄養素をご紹介したいと思います。

それが厚生労働省も積極的に摂取を推奨している「葉酸」です。

葉酸には、どんな効果があるの?

葉酸には、次のような効果があるとされています。

・胎児の先天異常(二分脊椎症など)を予防する
・卵子の質を高め、先天異常、流産を予防する
・精子の質を高め、先天異常、流産を予防する
・ストレスを改善し、うつ病発症を予防する
・子宮内膜の質を高め、受精卵の着床率を高める
・受精卵の細胞分裂を活性化し、流産を予防する

厚生労働省では、胎児の先天異常を予防するため、1日400μgの摂取を推奨しています。

厚生労働省が、妊娠する前から摂取を薦めている葉酸。
葉酸は、ビタミンB群の1つで、正式な化学名を「プテロイルグルタミン酸」と言います。

どうして妊婦さんと赤ちゃんに葉酸が必要かというと、細胞の分裂や増殖、赤血球生成を促し、精子や卵子を若返らせる効果やDNAを正常に保つ働きがあります。
さらに、「神経管閉鎖障害」と呼ばれる、赤ちゃんの先天的な障害を減らしたり、動悸や息切れ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防する役割もあるのです。

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄を形成する上で必要な神経管という箇所が上手く成り立たない場合に起こるもので、遺伝や葉酸の不足が原因に挙げられます。
脳や脊髄のベースが形成される、細胞分裂が著しい妊娠初期の7週目頃までは、特に葉酸の摂取が重要です。
このような障害のリスクを減らすためにも、やはり妊活中から意識的に葉酸を摂ることが大切なのです。

葉酸が多い食品ランキング

妊婦さんと赤ちゃんにとって、大切な葉酸。
できれば食品から摂るのが理想的ですが、どんな食品に多く含まれているのか、ご存知でしょうか?

100g当たりの葉酸含有量が多い食品を、順に並べました。
ぜひ食品選びの参考にしてみてください。

・牛レバー(1000μg)

・枝豆(260μg)

・芽キャベツ(240μg)

・菜の花(190μg)

・アスパラガス(180μg)

・ブロッコリー(120μg)

・そらまめ(120μg)

・サニーレタス(120μg)

・ほうれん草(110μg)

・春菊(100μg)

・イチゴ(90μg)

・トウモロコシ(86μg)

・マンゴー(84μg)

・アボカド(84μg)

・モロヘイヤ(67μg)

しかし、葉酸は加熱に弱く水に溶けやすい栄養素のため、野菜などの食べ物から摂取しようとすると摂取量の1/4しか体内に吸収されません。
このため、400μgの推奨量を満たそうとすると、野菜を400g以上食べても不足してしまいます。

葉酸は、1日にどのくらい摂れば良いの?

妊娠前であれば、1日に240μg、妊娠中は1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。

注意すべきポイントとして、葉酸の摂り過ぎが挙げられます。
万が一、1日に1000μgを超えると過剰摂取となり、場合によっては、吐き気や食欲不振、むくみ、不眠などの症状が起こります。
過剰摂取は、結果的にお腹の赤ちゃんにも影響を与えることになるので、多すぎず少なすぎず適量を守りましょう。

葉酸を効率よく摂り入れるには?

葉酸は、水に溶け出しやすく、熱に弱いという性質を持っています。
そのため、葉酸を豊富に含む食品であっても、体内での吸収率は50%以下で、多くは茹で汁に溶け出たり、尿や便と共に体外へ排出されます。
ですから、調理の際は、茹で汁ごと食べられるスープや煮物にしたり、生のまま口にできる食品は、可能な限り新鮮なうちに食べましょう。

また、葉酸を食品だけで補おうとすると、量やコストの面で負担があるかもしれません。
その場合は、食品以外に体内吸収率の良いサプリメントを用いると、効率良く摂取できます。
日々口にする食品と共に、サプリメントも活用しながら、ママと赤ちゃんの健康管理に努めてください。

このため、葉酸サプリメントをとることで必要な葉酸を摂取することが推奨されています。

葉酸サプリを選ぶときのポイント

しかし、葉酸サプリを摂取する際には、1つ注意点があります。

それは、添加物の入っていない安心・安全なサプリを選ぶことです。

ドラッグストアで売られている安価な葉酸サプリを買おうと思っている方は、ちょっと待ってください。
そのサプリ、安全ですか?裏の成分表示をチェックしたほうがよいですよ。

安いサプリには、他の添加物を入れて含有量を水増ししていたり、
合成葉酸を使っているので体にきちんと吸収されないのです。
つまり、費用が安い=品質に問題があり、有名メーカーだからといって安心できないのです。

サプリを推奨する医師達も、「サプリメントだけは高くても品質の良いものを選ぶべき」と話しています。
自分の体と赤ちゃんのためにも、ぜひ高品質の葉酸サプリを選ぶようにしてくださいね。

例えば、ドラッグストアや広告などでもおなじみの「ピジ⚪︎ン」や、「D⚪︎C」などは絶対に選んではいけません!
栄養学を勉強している医師たちも、上記の製品の含有表示には本当に必要な葉酸が含まれているのが疑問だといっています。

また、葉酸の他にも鉄分やビタミン、カルシウムなど女性が不足しやすい栄養素がバランスよく含まれたものを選ぶようにしましょう。

以下に葉酸サプリの比較をしてみました。




数ある葉酸サプリの中で、信頼できる製品をあげましたので参考になさってください。

1位:東尾理子さんも愛用!妊婦に一番人気の高品質葉酸サプリ!
美的ヌーボ プレミアム


こちらは、東尾理子さんも不妊治療中からずっと飲んでいた美的ヌーボプレミアムです。
もともと一部の芸能人やサプリの成分に敏感な方たちの間で飲まれていたものでしたが、今回改めてリニューアルされ、価格的にもリーズナブルになり飲みやすくなっています。

天然の国産野菜から抽出した高品質な成分が配合され、飲みやすいようになんと1袋ずつパックされています。
実は、サプリといえども「酸化」するので、長期間保管しておくと酸化作用により効果がうすれ、かつ体によくないのです。
(そのため、よくプラケースに乾燥剤が入っていますよね。)

この美的ヌーボプレミアムは、酸化しないように密封された状態で1回分ずつパックされているので、長期間置いていても酸化の心配が全くありません。かつ、仕事をしている方でもカバンにいれて持ち運びしやすいようになっているのが嬉しい配慮です。

また、美的ヌーボプレミアムだけの特徴として、脳の機能をよくする「DHA・EPA」が配合されています。入っているのは葉酸サプリの中でこれだけです。
賢い赤ちゃんを産みたい方は、特におすすめします。

不妊治療し高齢出産した東尾理子や小原正子さんも3年間愛用していた
>>美的ヌーボ プレミアムの詳細はこちら
2位:つわり中も飲みやすい形の葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、不妊症・妊活中のカップル向けに作られた専用の葉酸サプリです。
実は、葉酸は卵子だけでなく精子の質を高めるのにも必要な栄養素です。

女性だけが頑張って妊活していても、実際の男性側の食生活がよくなくて、精子の質が悪ければうまく妊娠できません。

しかし、女性と男性で必要な栄養素は微妙に違います。

それをきっちり女性用と男性用に分けて作ったのがベルタ葉酸サプリです。
妊娠しても続けて飲めるようにつわり中も飲みやすいような小さな錠剤になっています。

夫婦で妊活したいカップルは、ぜひベルタ葉酸サプリをおすすめします。

>>ベルタ葉酸サプリ
の詳細はこちら

このページの先頭へ